Top >  バストアップエクササイズ >  バストの大きさは遺伝?

スポンサーサイト

豊胸なら大宮中央クリニック
バストアップはもちろん、さまざまな胸の整形で悩み解消

品川美容外科の「豊胸術」
「胸を大きくする」 「美しくバストアップする」 美容整形クリニックにおける豊胸術を分りやすく解説、理想のバストラインへ!

バストアップに【プエラリアロイヤル】
天然の女性ホルモン作用を持つ幻の植物、プエラリア・ミリフィカ!

加藤クリニック麻布
豊胸手術・二重手術・若返り(アンチエイジング)・スキンケアのことなら加藤クリニック

バストの大きさは遺伝?

バストの大きさや形は遺伝的要素が大きいといわれています。が、母親は大きなバストなのに娘が小さなバストであったり、その逆だったりするケースもあります。 バストの大きさは遺伝だけではありません。食生活や生活習慣など、さまざまな要因でバストの大きさがきまります。痩せていると小さいバストになることが多いのも脂肪の量、すなわち食生活が関係しています。 小さなバストの場合、乳房組織の発育不良が原因のひとつといわれています。バストは、腺小葉、腺胞、乳管などの組織でできていて、線維細胞でおおわれ、細胞や器官の間には脂肪があります。バスト内には血管うやリンパ管が縦横に走り、栄養や酸素、ホルモンなどが流れています。 太った女性で大きなバストというのは脂肪層が厚く、身体がスリムなのにバストが大きい女性(理想的ですね!)は、脂肪層以外の腺小葉、腺胞、乳管などの組織が発達しているとされています。このタイプは欧米人に多く、日本人のバストは大体が脂肪が多く、授乳後の下垂が見られるタイプになります。

スポンサーサイト

豊胸なら大宮中央クリニック
バストアップはもちろん、さまざまな胸の整形で悩み解消

品川美容外科の「豊胸術」
「胸を大きくする」 「美しくバストアップする」 美容整形クリニックにおける豊胸術を分りやすく解説、理想のバストラインへ!

バストアップに【プエラリアロイヤル】
天然の女性ホルモン作用を持つ幻の植物、プエラリア・ミリフィカ!

加藤クリニック麻布
豊胸手術・二重手術・若返り(アンチエイジング)・スキンケアのことなら加藤クリニック

 <  前の記事 美しい理想のバスト  |  トップページ  |  次の記事 バストを成長させる女性ホルモン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/7045

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「豊胸とバストアップ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。